×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOPへ    ログへ

 

 

3月13日

 

昔、僕にはM君という友人がいました。

今回はそのM君を不幸にしてしまった僕の懺悔の話です。

本当に不注意だった。許してM君。

 

 

『シュレッダー〜悪意の塊〜』

 

皆さんは「ミュータント忍者タートルズ」という作品をご存知でしょうか?

僕は小学生の頃、その映画が大好きで、繰り返し何度も見ていました。

何度も何度も。

 

なので、ミュータント忍者タートルズのゲームが発売された時、必死に親にねだって買ってもらったのも無理は無い話でした。

 

買ったその日に早速家でプレイしてみたのですが、これがまた面白い。

まさに痛快アドベンチャーとはこのことでした。

 

しかし、どうも僕にはゲームの才能が無いらしく、全然先に進めません。

 

どうしてこんなに難しいんだろう。と、思いながらゲームをよーく見ると、

「二人協力プレイ可能」

とのこと。すげえ。タートルズすげえ。

 

次の日、早速僕は学校でパートナー探すことにしました。

一緒にシュレッダー(悪の親玉)を倒してくれる同士を。

 

そうして、僕が見つけたパートナーはM君。勉強が大好きな優等生でした。

もちろんタートルズの大ファンです。まあタートルズのことを嫌いな人がいるわけが無いですが。

 

早速僕達は家へ向かい、タートルズをプレイし始めました。

 

すると、M君はこのゲームを初めてやるとは思えないほどの滑らかな動きを見せ、(これにはさすがに引いた)

鮮やかに敵を倒していくMVP的な活躍を見せました。

 

「すごい。これなら全クリできる」

 

僕は確信しました。村上君のおかげで全クリできる。

 

あ、言っちゃった。まあいいべ。村上君。

 

そして、

いよいよ最終ステージへ到達。悪の親玉シュレッダーが姿を現しました。

 

もちろんここまで来たのは初めてです。

 

(すごい。最後のボスまで来た。兄ちゃんに自慢できる)

そう思ったとき、ちょうど兄が友達を連れて帰ってきました。

 

僕は誇らしげにシュレッダーと闘います。

 

すると、兄は僕にこう尋ねました。

 

「こいつ、誰?」

 

え?

 

兄ちゃん、忘れちゃったの? 

 

「シュレッダーだよ! 最後のボス、シュレッダー!!」

 

「え? こいつがシュレッダーなの!?」

 

「そうだよ。当たり前じゃん」

 

部屋に笑い声が響き渡りました。

 

異変を感じた僕は振り返り、兄のほうを見ました。

 

兄の指はテレビのモニターではなく、村上君をさしていました。

 

「いらっしゃい。シュレッダー」

 

兄はニヤニヤといやらしい笑みを浮かべながら、村上君に手を差し伸べました。

 

「ち、違う。間違えた。それは友達」

 

必死に叫んだ僕の声はもう兄には届きませんでした。

兄は村上君を完全にシュレッダーだと認識し、しきりに声をかけました。

 

「うまいじゃん。シュレッダー」

 

「やられちゃうよ? シュレッダー」

 

村上君の顔はどうみても一般人なのに……。

 

そんなことを考えていると、ガマンしていたものがはじけとび、

僕はついに爆笑してしまいました。

 

びっくりしてこっちを振り向く村上君の弱そうな顔。この弱そうな人がシュレッダー。

 

僕の笑いはもう止まりませんでした。

 

結局、全クリはできずに、僕と村上君はシュレッダーにやられてしまい、僕の安易な発言は村上君の心に大きな傷を残してしまいました。

 

 

村上君はゲームが終わった瞬間、家を飛び出していきました。僕は慌てて村上君を追いかけます。

 

「また来いよ。シュレッダー」

 

後ろから聞こえる兄の声。僕は笑いをこらえながら村上君を追いかけました。

 

正直、このときほど兄の事を恨んだ日はありません。

 

だって、僕は村上君と気まずいままお別れになったのですから。

 

村上君は1年後に別の学校に転校していきました。

 

村上君の行方は完全に分からなくなったけど、

 

 

 

 

 

幸せになっていてくれたらいいな。

 

 

 

そうして、十年後。

 

村上君から1通の手紙が届きました。

 

「僕は今、遠い異国の地で頑張っている」と、書かれた手紙でした。

 

手紙の中には写真が1枚。

 

もちろんタートルズと闘っている写真です。

 

「頑張れよ……。シュレッダー」

 

僕はそうつぶやき、静かに写真をしまいました。

 

 

 

そして、村上君の顔を思い出し、爆笑しました。

とさ。